はじめまして、えいとです


「なければ、作ればいい!」
八(エイト)はそんな一言からはじまりました。
海沿いのイナカ街・柏崎から面白いこと、新しいことを発信していきます。
田舎は不便?つまんない?
そんな田舎をもっと便利にしたい!面白くしたい!
だからこそ
私たちはカッコイイと思うものしか、作らない。
私たちが面白いと思うことしか、やらない。
いつか日本中の田舎をもっと心地よく愛されるものにしたい。
若輩者ですが、どうぞよろしく。

ABOUT US


ちょっと自己紹介

柏崎で生まれ育ち、名古屋の大学へ進学。

写真を専攻した大学時代にはカナダへ留学したりバックパックを背負ってアジアの国々を回ったりと自由でちょっとジャンキーな生活を送っていました。

卒業後なんだかんだで地元へ戻り、イベント会社へ就職。
大小様々な仕事を経験する中、地方商店街の活性化の仕事をきっかけに企業が抱える「問題」とイベントを通じて「出来ること」を考えるようになりました。

集客したい、地域を元気にしたい、とカンフル剤のようにイベントを行う。
だけどお金をかけた割には効果がない。だから単発でやめてしまう。
イベント会社としては単発であろうが費用対効果がイマイチであろうが報酬をもらえるのでOK。

・・・?
いやいや、ちょっと待て。

多様な仕事と人に出会う中で自分が思う「いい仕事」と会社にとっての「いい仕事」にずれが生じてきました。

イベントを行うなら単発では意味がない。本当に活性化したいなら何年も見据えて行動を起こさないといけない。
イベント=カンフル剤ではだめなんです。

そんな中とある営業先で言われた一言。
「きみたち、自分のとこの会社のホームページ見たことある?人をワクワクさせるはずのイベント会社のホームページがあんなんじゃ、仕事なんて頼みたくないよね」

自社のホームページが時代遅れなことは分かっていました。
正直、イベント会社のホームページって1世代前のところが多いです。(おそらく、ネットからの集客よりも地域や企業に根付いて仕事をしているのでそこまで最新のものは必要ないのかもしれません)

ただ存在してるだけと思っていたホームページが逆にマイナスな印象を与えているとは…
しかも、まさかホームページをチェックしているとは思わないところからの一言です。
ちょっと衝撃でした。

私は「ネット世代」です。
わからないことがあればすぐに検索しますし、お店を探すのだってネット。
スマホがない生活なんて考えられないですしパソコンは友達みたいなものです。
私より下の世代はもっとその傾向が強いのでしょう。

そう考えると、地域・企業の活性化にホームページは必要不可欠なものだと思うのです。
これからの社会を作っていく世代が興味を持ってググった時に検索でひっかからないのは、生き残る土俵にも立てていないのと同じことです。

オンライン上のコミュニケーションであるWEBとオフライン、リアルな世界でのコミュニケーションであるEVENTを通じて頑張る人を支えたい。

社名の「八(エイト)」の由来は単純ですが「末広がり」です。「はち」のままだと電話などの際わかりにくいのでエイト、と読むことに決めました。
先窄みではなく末広がりに未来が大きくなっていくことを誰かのために行いたい。

やりたいことはたくさんあるけど、とりあえずここから。

代表取締役 須田和浩